毎年、各シーズンの約10日間に渡って全国交通安全運動が推進されており、今月の21日から30日の期間が「秋の全国交通安全運動」に当たる。交通安全といえば、とある県警察が先月ツイート投稿した「衝撃的な写真」が話題を呼んでいたことをご存知だろうか。【話題のツイート】この状態で走れるものなのか…?

■高齢者が運転する車両を見ると…

注目を集めていたのは、佐賀県警察公式アカウントが投稿した1件のツイート。「タイヤパンクした状態で運転していた高齢の方を保護しました」という書き出しから始まる投稿には1枚の写真が添えられており、こちらを見ると…もはやゴム部分がホイールから剥がれかけ、言うなれば「首の皮一枚」で繋がっているかのようなタイヤが確認できたのだ。パンクしたタイヤツイート本文は「『気づかなかった』と説明されたため、今後の運転について御家族を交えて話し合いをしました」「扱い次第で車は凶器となり得ます。体の異変や更新時期等、機会があれば運転免許返納について考えてみましょう」と続き、身近に潜んだ交通事故に対する注意が呼びかけられている。
関連記事:コンビニ駐車場で遭遇した車、後輪があまりにヤバすぎる どう運転してきたんだ…

■「これに気づかないのは怖すぎる」

件のツイートは21日現在で1.4万件以上ものRTを記録しており、他のツイッターユーザーからは「タイヤの溝が綺麗でも、こんなことになるんだな…」「車が凶器なのでなく、車の重大な異変に気づかず運転する人そのものが凶器」「これに気づかないっていうのが怖すぎる…」といった驚きの声が多数寄せられていた。しかし果たして、件の車両を運転していた高齢者は、発見時はどのような様子だったのだろうか。実態を探るべく、件のツイートに名前が登場した佐賀県警「神埼警察署」に詳しい話を聞いてみると、写真の光景以上に「衝撃的な事実」が明らかになったのだ…。

■現場の状況がカオスすぎる…


まずは車両発見時の様子について尋ねたところ、神埼警察署からは「タイヤパンクしたままの車が走っているとの通報を受け、現場へ向かった警察官が、ツイッター投稿に添付した写真の状態の車を確認いたしました」との回答が。その後は運転者の家族に迎えに来てもらい、車両の写真を示した上で「タイヤが外れる、という正に事故に直結する危険な状態であることに気づいていない」こと、そして「道に迷った」という発言を考慮して「今後の運転継続について家族でしっかりと話し合ってほしい」こと、の2点を伝えたのち、運転者の体調や日頃の生活状況を聴取し、交通事故防止に関する助言を行なったという。また、ツイート投稿の経緯については「高齢者の身体機能の変化に伴う交通事故社会問題となっている中で、高齢者自身だけではなく、その家族や行政等の関係者にも考える契機として頂きたいと思い、発信いたしました」と振り返っている。

■「免許返納」の現状は…

運転者本人だけでなく、家族をはじめとする周囲の認識も重要となってくるのが運転免許の自主返納。神埼警察署は「正しくは、申請による運転免許の取り消し申請になりますが」と前置きしつつ、佐賀県内における高齢者の免許自主返納はここ数年、3,000~4,000件の間で推移していると説明する。返納の理由は様々だが、高齢者自身が加齢に伴う身体機能の低下を自覚して返納に至るケースや、家族からの勧めによって返納するケースなどが多いそう。また「当県においては、日常生活の移動手段として車が大きな役割を果たしていることから、移動のための代替手段を確保することが課題となります」「このため運転免許の返納に際し、自治体や関係機関が実施しているバスやタクシーなどの割引等の制度を周知するほか、高齢者の家族の支援が重要であることについても呼びかけていきたい」と、今後の課題や展望についても補足している。

■「高齢運転者」への様々な取り組みを実施

パンクしたタイヤちなみに佐賀県では2017年から「代理人による運転免許の取り消し申請」に関する制度を導入しており、時期的にはかなり早い段階からの実施となるそうだ。こちらの取り組みを受け、県内の複数の自治体では高齢運転者の負担を軽減するため、自治体の職員がその「代理人」となって手続きをする制度も整っているというから興味深い。他にも技能試験官同乗による「高齢運転者技能教習」の実施や、各警察署において高齢運転者の「安全運転相談」を受け付けていたりと、県全体で「より安全な交通環境」を育もうと注力していることが伺える。取材の最後に、神埼警察署 担当者から「何より高齢ドライバーに関わらず、ハンドルを握る全てのドライバーが悲惨な交通事故加害者にならないということはもとより、被害者にもならないよう気をつけて頂きたいです」「また交通事故は決して他人事ではなく、いつ、どこで起きるものかは分からないことを強く認識し、運転をして頂きたいです」というコメントが得られたのが、非常に印象的であった。 ・合わせて読みたい→この電光表示、上から目線と思いきや… 全国のドライバーが「最高すぎる」と大絶賛 (取材・文/Sirabee 編集部・秋山 はじめ
運転中保護された高齢ドライバー、一体なぜ… 目を疑う「タイヤの状態」が話題に


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

 返納を考えましょう!(^_^)ってレベルか・・・?





平均年齢が高い地域は車がないと生きていけないからな


認知症になると免許を返納したことも忘れるので(事故を起こした例がある) 免許返納後も他の家族が乗る場合 車の鍵の保管場所は変えたほうがいいかもしれない。


車で免許返納しに行ってそのまま車で帰ってきたジジイとかネタかと思ったらマジでいるからな。


AI自動運転が早く実現できればなぁ


65歳以上は年1くらいでテストクリアできなければ強制的に免許返納でいいよ


この状況で公道走ってしまってるのに警察は何もできなくて家族の判断に頼るしかないのがな…。まあ免許取り上げることができたとしても実際に運転させないようにするには家族の協力が不可欠だけども。


恐ろしいのは、これからこういった老人が更に増えるという事実


免許を返納して、車を売り飛ばしましょう。