スマホ・スマートフォン・タブレット・高齢女性

iPhoneiPadに何か不具合が生じたとき、ユーザーは真っ先に「修理代金はいくらだろう」「直してもらっても、あと何年持つんだろう」などと悩むことだろう。

そんなときに問われるのが、修理店の良心だ。オーストラリアのある高齢女性の体験談が匿名掲示板の『Reddit』で紹介され、「これはひどい」と炎上している。『7News.au』や『VERVE TIMES』などが伝えた。


■持ち込んだのは80代の女性

話題になっているのは、クイーンズランド州サウスイーストにあるパソコンスマートフォン修理店の「KING IT」。カラウンドラ・ショッピング・センターにテナントを構えており、利用しやすいことから地元では人気店だという。

Reddit』に投稿した男性は、80歳の母親が最近そのショップに自分のiPhoneiPadを持ち込んだことを書き込んでいる。


関連記事:初デートで彼氏が「一緒にいると恥ずかしい」 服装をバカにされた女性に世間は…

■些細な修理で15万円

ところが修理が完了したという連絡を受けてショップに向かった男性の母親は、その請求額に仰天し、息子に「こんなことってあるの?」と相談してきた。

投稿者は請求書を撮影し、画像ファイルを添付。そこには「ウイルススキャンを行い、感染しているスパイウェアを駆除した」とあり、計1,599豪ドル(約15万5,800円)を請求している。

■ショップは謝罪

これには掲示板ユーザーたちも呆れ返った。

「先に見積書を出し、顧客に納得してもらってから作業に入るべき」「修理と言えるような作業ではない。高齢者や知識のない客からはぼったくっていたのか」「現在、新品のiPad500豪ドル(約4万8,600円)もしない。新しいモノを買ったほうがよほどいい」と激怒したのだ。

なお、「King IT」は人気掲示板を炎上させてしまったことを受け、この件についてFacebookを通じて謝罪。いったん全額を返金し、今いちど社員教育を徹底したいという。


■ぼったくりにあいがちなのは…

この掲示板では、多くのユーザーがそもそも修理やサービスの代金が高すぎると不満を訴えた。「iOSの更新なんてあっという間の作業なのに、49豪ドル(約4,800円)請求された」「パソコンの指導を受けたら59豪ドル(約5,700円)も取られた」という声も。

また、「よくわからない。全部お任せ」と言う顧客は足元をみられることがある。持ち主も出来る限り知識を持つよう努め、不安なことがあったら詳しい誰かに相談してみることが大切だ。

・合わせて読みたい→宮下兼史鷹、修理から戻った540万の愛車公開 納車から1ヶ月経たず破損

(文/Sirabee 編集部・浅野 ナオミ

iPhone修理店が15万円超を請求し非難殺到 高齢女性客狙うぼったくりか


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

「iOSの更新なんてあっという間の作業なのに、49豪ドル(約4,800円)請求された」「パソコンの指導を受けたら59豪ドル(約5,700円)も取られた」この辺は教習や手数料として普通の額じゃね?100円1000円でやってほしけりゃ知り合いにでも頼みなよ





日本でもPCデポっていう詐欺店が今でも営業している恐怖


>危険観光 同意。iOSに限らず様々な知識を常に仕入れていて、突然修理に持ってこられても業務の責任を負うのがプロ。嫌なら自分で調べて自分の責任でやればいい。


修理の見積もりを取らない顧客も問題 値段確認しないで買い物してるのと同じ