ヤクルト

「睡眠効果」があることで大ブームとなったヤクルト1000。「よく眠れた」という声があがる一方で、乳酸菌飲料として忘れてはならない「あの効果」を実感する人も増えている。

特に効果を得られた人に話を聞いてみると…。


■「お腹の調子がいい」

ヤクルト1000は1ミリリットルあたり10億個、1本あたり1,000億個の乳酸菌 シロタ株が含まれる機能性表示食品。シロタ株は一時的な精神的ストレスがかかる状況下でのストレス緩和と睡眠の質向上機能がある。

巷では、この「睡眠効果」ばかり注目されがちだが、ヤクルト1000を1年近く飲み続けた30代の男性はこう語る。

「昨年から飲み続けていたのですが、お腹の調子がすごくいいんです。私は便秘気味で、ひどい時は1週間出ないこともありました。でも、ヤクルト1000を飲んでから劇的に良くなったんですよ」(30代男性)。


関連記事:ヤクルト1000、ヤクルト400を3本飲めば同じ効果…? 本社に「真相」を直撃

■「あの機能」も優れている

一般的に、乳酸菌飲料は種類によって異なるものの、便秘の改善やコレステロールを軽減させたり、風化予防など身体の免疫機能を高めることが期待されるもの。ヤクルトの公式ホームページを見ると、ヤクルト1000の効果として「生きて腸内まで到達する乳酸菌 シロタ株が、腸内環境を改善する機能があることが報告されています」と記載されている。

つまり、もともと乳酸菌飲料を飲む際に期待される機能もお墨付きというわけだ。

■「お通じが良くなった」

ネット上でも、「ヤクルト1000飲み始めてお通じが良くなった」「そういえば便秘なくなった」「人気すぎて最近買えてないけど、飲んでいた時は便秘がびっくりするほど改善してた」「ヤクルト1000でお腹の調子がすこぶるいい」など、効果を実感する声が多数あがっている。

これに加えて、睡眠効果もあるとなれば、これだけ人気になるのも無理ないかもしれない。


■ほかの乳酸菌飲料に比べても…

前出の30代男性は、ほかの乳酸菌飲料に比べても確かな効果があると話す。「ほかのメーカーのものやヤクルト1000以外のヤクルト飲料も試しましたが、断トツヤクルト1000を飲んだ時のほうがお腹の調子は良かったですね。ほかのものは一時的に良くなってもすぐにまた元に戻ってしまったのですが、これは持続的な効果がある印象です」(前出・30代男性)。

これほど身体にいいヤクルト1000が、気軽に手に入る日が来ることを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→「ヤクルト1000で悪夢を見た」ネットの噂を検証 ”意外な原因”が判明して…

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

ヤクルト1000、睡眠だけじゃない 「劇的に変わった」別の効果もあった…


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

プラシーボ効果ってすごいね





乳酸菌飲料はむしろ腸内環境を整えるのがメインじゃないですかね


一部の医者から効果について懐疑的な意見もあるけどね。


彼女ができたとか宝くじが当たったとかガンが治ったとか続きそう


どの時点での乳酸菌の濃度が重要なんだろう。 胃腸で吸収されるときなら他の飲食物が胃腸にあれば濃度が薄まるよね。 チーズとかも固形だから乳酸菌の濃度がたかそうなんだけどね。


だだのヤク中


あげてから落とすつもり?つまり他のメーカーの謀略じゃな?


ヤクルト1000飲んでも別に何も変わらんかったって人が95人居ても、たった数人劇的に変わったって人が居て、それを記事にすればこうなるって事。マスゴミのよくやる印象操作だよ


「特に効果を得られた人に話を聞いてみると…。」 な、効果が無かった人には話も聞いてない。