6月末から続く猛暑。総務省などは節電と同時に熱中症への注意を呼び掛けている。一方で、暑さへの注意が必要なのは人間だけではないようだ。KDDIは公式Twitterアカウントで、炎天下にスマートフォンを放置することで起こる「スマホ熱中症」について注意喚起。同社によれば、バッテリー劣化などのリスクにつながるという。

【その他の画像】

 KDDIはauのサポート情報を発信する公式アカウントで「炎天下で車内ダッシュボードなどにスマートフォンを置きっぱなしにすると非常に高温になる可能性がある。自身の体調管理に加えて『スマホ熱中症』に注意してほしい」と呼び掛け。週末にかけ、車で外出するときなどは特に注意が必要と説明した。

 ITmedia NEWS編集部がKDDIに聞いたところ、スマホを高温の状態で放置すると、バッテリーの劣化が早くなる可能性があるという。電池の減りがすぐに激しくなるわけではないが、将来的には“フル充電”しても使用できる時間が短くなる場合があるとしている。

猛暑の中放置されたスマートフォンのイメージ


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

スマホは個人責任だけど、君のところ回線も熱中症になってるじゃん





写真はiPhoneだがチョンサムとかの中韓品を起爆するように置いておくのはテロ。


猛暑中は冷えたペットボトルとかと一緒に持ち歩いた方がいいかもな、温度差で結露しない程度に


YMOK「この電化製品はできそこないだ、食べられないよ」


暑い寒い関係無く、スマホ放置とか有り得ないでしょ...


スマホじゃないけど、ポケットWifiうっかり車内放置してたらバッテリーがパンパンにふくれ上がってて交換するハメに