全国で新たに犬または猫の飼育を始めた数をコロナ前の2019年2021年を比べると、14万2000匹ほど増えています。その一方で飼育放棄や迷子になる犬や猫も増えていて、居場所が分かるようにとマイクロチップ装着の義務化が決まりました。装着の現場を取材しました。

 飼い主の特定を進めやすくするため6月1日から改正動物愛護管理法が施行され、ペットショップや繁殖を行うブリーダーなどから購入する犬や猫へのマイクロチップの装着が義務化されました。

 マイクロチップの装着を進めている東京都内にあるペットショップの診療所を訪れてみました。マイクロチップは犬が痛みを感じにくいといわれる背中の皮膚の下に獣医師が注射器で装着し、装着そのものはあっという間に終わります。

 ペットの体への影響はないのでしょうか。獣医師の隈部のえさんは「マイクロチップは中身が金属で、外側が強化ガラスで覆われている。ガラスは異物反応やアレルギーが起きにくい素材なので、影響は低いので安心してほしい」と話します。マイクロチップは直径2ミリ・長さ1センチほどのもので、15桁の識別番号が割り振られています。専用の機器を当てると個体識別番号が分かります。識別番号には名前や連絡先などが登録されていて、国が管理するデータベースと照合でき、飼い主が分かるという仕組みです。装着の費用は動物病院などによって5000円から1万円ほどで、すでに犬や猫を飼っている人の場合は自己負担となります。しかしすでに飼っている人の場合、装着は「努力義務」となるため、強制ではありません。

 新たな制度に対し、ペットショップでも対応が進められています。都内にあるペットショップペットプラス」では、ペットの購入費用などにマイクロチップ登録費用を加算して販売しています。このペットショップではマイクロチップにブリーダーの情報が登録されて販売されているため、購入者は環境省のホームページなどで自身の連絡先などを更新する手続きが必要です。購入者と販売業者それぞれが義務を果たすことで、不測の事態を防ぐ仕組みです。ペットプラスアクアシティお台場店の浅野慎也店長は「マイクロチップを装着して、災害や逃走・盗難など予想できないことが起きた時に戻ってくる可能性が高くなるのはいいことだと思う」と話します。

 それでは、ペットを飼っている人は義務化をどう感じているのでしょうか。すでにペットを飼育している飼い主からは「チップを入れる手術で麻酔をしてペットの体に負担がかからないなら、装着してもいいと思う」「公園などで走り回っている時にリードが外れてしまうことがある。茂みに行ってしまったら怖いなとひやひやするので、あった方がいい」という意見もある一方で、「抵抗がある。13歳の高齢犬で、10歳の時に大きな手術をしているので、痛いのはかわいそう。マイクロチップは装着しなくていいかな」といった声も聞かれました。


6月から義務化「ペットにマイクロチップ」 現場は?飼い主は?


(出典 news.nicovideo.jp)

ペット、犬・猫にマイクロチップ義務化になっているそうですー
6月1日から改正動物愛護管理法が施行されて、ペットショップやブリーダーなどから購入する犬や猫へのマイクロチップの装着が義務化デス・・・




<このニュースへのネットの反応>

猫の放し飼いを一切禁止、厳罰にしろ。





施行前や譲り受けたペットは任意であまり意味がないけど、悪質なペットショップに対してはある程度打撃が与えられるので、まずは第一歩かな


近隣被害の賠償払ってない奴がざっくざくでてくることになるね。(いっそマイナンバーカードにペットも登録制度にして首輪とリードも紐付けして敷地外で違うペットにつけたら罰金にすればいい、動物愛護団体に金が回っていい話だろ?脱走したペットによる環境被害も減るんだし、免許のような原点制度)しかも通過した場所の足跡残るから住居侵入やら器物損壊や危険物(ノミダニ*尿)拡散


とりあえず、可哀想だから、で義務履行しないやつがペット飼うなよと


↑そんなもの出て来るわけないやん、チップを使ってのGPS機能の使用等は飼い主がペットが脱走した時とかに本人達がわかる様に仕様出来る様になるだけで関係ない奴が監視目的等で使えるわけ無いんだから


ネコの放し飼いは特に危険、猫ノミ(生体は黒ゴマサイズ、網戸通過、窓と窓の隙間ですら通過)は皮膚を食い破り血管にかみついて血をすする殺傷、皮膚内だと取れない上にアレルギーで皮膚が固まらなくなるせいでかさぶさの汁が止まらない(正常なら空気に触れたらかさぶさとなる)異常な痒みと血流が悪くなるのと膝下切断の危険性(後遺症■猫ノミの幼虫は蟻の孵化したときのように白い


いなくなってそのままの老ワンコがいた身としては賛成